新郎新婦は知っておこう! 神前式の基礎知識


神前式とはどのような結婚式なのか

結婚を決めた男女にとって、結婚式は大きなイベントです。詳細を決める前に、結婚式をどの形式で行うのか決めなければいけません。よくある形式のひとつが神前式で、日本古来の神に結婚を誓います。日本の伝統を強く反映させた結婚式で、神をまつる神殿や拝殿で挙式が行われるのが特徴です。具体的な会場となるのは神社で、神殿が用意された大型ホテルや結婚式専用施設が使われることもあります。神前式の挙式を取り仕切るのは、神職です。一連の儀式は、新郎新婦が夫婦になることを神に誓うだけではなく、両家が親族として結びつくことも大切にしています。神社で挙式を行う場合、神殿の広さの都合で挙式に参列できる人数が限られることもあるので確認しましょう。

神前式の詳細について

神前式では、日本古来の伝統にもとづいたいくつかの儀式が行われます。男女が夫婦になったことを誓う三々九度の盃や、神への特別な言葉である祝詞奏上などです。一般的にはあまりなじみのない儀式かもしれませんが、難しいものではありません。あらかじめ神職が手順を教えてくれるので安心です。なじみのある儀式もあり、キリスト教形式などにもある指輪の交換が行われることもあります。挙式の流れについては、式場スタッフとの打ち合わせで詳細を確認してください。神前式の挙式では新郎新婦は和装を選択するのが原則です。親族は洋装でもかまいません。新婦がウェディングドレスを着用したいときは、挙式のあとの披露宴で着用しましょう。神前式を選んだとしても、披露宴には特に制限はありません。

神前式は、神社や結婚式場に設けられた神殿の前で執り行なう結婚式です。神主さんが祝詞を上げて、榊の枝を奉納する玉串奉納や、新郎新婦がお酒を酌み交わす三々九度を行います。